Safety measure

園児たちが安心・安全に楽しく過ごせる幼稚園へ”

ウイルス感染症予防対策に関する取り組みについてのご紹介

愛和幼稚園では、子どもたち・先生たちが安心して楽しく過ごせるように、

感染症について国のガイドラインに沿いながら現在は下記の様な予防対策を導入・実施しています。

1.​サーマルカメラの導入

幼稚園の各玄関で、20人を同時検出可能なAI顔認識サーマルカメラによる検温を行います。
※サーマルカメラによる検温は、人間の発する赤外線放射エネルギーを検知して体温を表示するものです。
※AI顔認識機能により、着帽・マスク着用時でも自動で体温の検出が可能です。

2.二酸化炭素濃度計(CO2モニター)の設置

二酸化炭素濃度計を設置することによる空気質・換気効率の見える化を行なっています。

また職員室に設置している集中管理システムによって、二酸化炭素濃度が上昇すると教室ごとにアラートが表示されるため意識的に換気を促すことができます。

3.防犯カメラシステムの導入

ALSOKによる東京オリンピック2020会場と同等の防犯カメラシステムを利用し、密集・密接していないか担任以外の第三者目線による保育の確認を実施しています。

4.園内一斉放送システムの導入

全保育室にあるプロジェクターを利用することで、天候に関わらず一ヶ所で密になることなく集会を行う事ができます。

5.職員のマスク・フェイスシールドの着用

飛沫防止を目的として職員はマスクやフェイスシールドを着用した上で、指導を行います。

6.携帯型ワイヤレスマイク・スピーカーの導入

飛沫抑制を目的として、教員1人につき1台の携帯型のワイヤレスマイク・スピーカーを備えています。

ワイヤレスマイクは指定エプロンに装着し、​指導の際はワイヤレスマイク・スピーカーを使用することによって声量を抑え、飛沫抑制に役立てます。

7.パーティションの設置

園児と園児が対面するシーンにおいては、透明パーティションを使用して飛沫を防止します。

8.自動センサー式蛇口への換装

園児用トイレの水道蛇口をレバー式から自動センサー式へと変更いたしました。

9.週に1度の抗体検査

10.ハンズフリードアノブ(門のドアノブ)

11.ペーパーレス化